摂食障害〜食べたり吐いたり〜

過食嘔吐を繰り返している日々

食生活0924

昨日はバーベキューで飲み過ぎて胃が疲れてたけど、お腹はすいてて、冬瓜煮やつと豆乳。なんとなく、健康的な気分。
お昼:サラダ、豆乳(かなり健康的ぢゃない?)
夜:お寿司(これを食べた時点で旦那が単身赴任先に帰った。ので、一人になってストッパー解除)、野菜チップ、酎ハイ(旦那を単身赴任先に帰るのに駅まで送った帰り道、スーパーによって、たこ焼き、焼きうどんをかごに入れたけど、あかんと思って全部戻して野菜チップと酎ハイだけにする)、でもそれで食べたい衝動が納得するはずもなく、床下収納から非常食のジフィーズの焼き飯。
この時点で吐く。
で、スッキリしたから床下からさらに非常食の缶パン(マーガリンたっぷりぬって)、ビール、ワイン、ウィスキー、ゆで卵3個、とり軟骨150g
もう吐くのも疲れた

今日もまた

最近、隔週で調子の良いときと悪いときが来る。今週(先週っていうべき?)は低空飛行の週。その前の週は超調子良かったのに、食べて吐いて、それを毎日3回くらい。そうなると人に会えず、ていうか人に会えなくなるときに過食嘔吐になる。仕事にならず。
今日もまた、飲んで食べて吐いて食う。疲れた。いつか治るのか。がんばってやめたタバコを再開すれば、過食はなくなる気がするけど、タバコは再開したくないし。

上下水道の将来を料金から考えてみて

NHK News Webに取材協力した記事がアップされました。

「どこまで上がる?水道料金」

上下水道インフラの老朽化
それが原因となる道路陥没や水道管破裂事故の頻発
施設を更新しようにも人口減少と節水機器や節水志向の高まりで料金収入は右肩下がり
料金収入だけでやりくりするのが原則なのに見えないところで税金による補てん
苦境を打破するために値上げ
値上げ幅を最小限に抑えるために広域化とPPP(官民連携)

 上下水道関連の最近の報道はそんな内容でどれも似たり寄ったり。でもね、なんかそれでは「住民に迷惑が掛からないように役所がもっとちゃんとしなさいよ」という役所頼みが強くなるだけで、自分事にならなくて、自分で何ができるのかを考える気にもならないよ、とずっと思ってきた。

f:id:abeokudasakiko:20170623163225j:plain

上下水道の危機を自分事化する

 どうやったら自分事になるのかと考えた末、行きついたのはやっぱ「カネ」。自分が払っている上下水道料金を入り口にして、それが隣のまちより高いのか安いのか、隣の家より高いのか安いのか、それが妥当なのかどうか、まずは「思考」し、そして「判断」する材料になればと思って「環境新聞」で隔週連載を今年から始めた(まだまだ続く。Water-nサイトにも順次アップするのでお楽しみに)。

 都市間の水の料金格差(水格差)をいくつかの指標を基に試算してみた。例えば、ウンチひとたれで2.3円の都市間格差。1日に7回くらいトイレに行くのが平均らしく、そこから換算すると年間で約5900円の差。便秘の私は。。。

 まあ、そんな連載を続けていたら、上下水道業界や浄化槽業界の方から「おもしろい」とか「こういう視点も入れろ」とか声をかけていただくことが多く、関心の高さを改めて実感している。

 そうした時にNHKの女性記者さんから「上下水道関連の報道でいちばん身近で分かりやすかったので」ということで連絡を受け、NHK News Webの記事につながったという次第。さすがにとっても分かりやすくまとまっていますね。

 最後のコメントにあるように「自分が暮らす地域の水道事業がどのような状況になっているのか。関心を持って考える時期に来ている」

長期・グローバル・地域」の視点で水と向き合う トヨタ自動車

「環境新聞」で続けてきた連載「水が決める企業価値~水イノベイターの挑戦」を順次アップしていきます。今回は、2015年のCDPウォータープログラムでAリストに選ばれた3社の日本企業のうち、トヨタ自動車です。

トヨタ自動車は1993年以来、環境活動の5ヵ年計画である「トヨタ環境取組プラン」を策定してきた。2015年には16年度からの第6次プランを策定したが、これまでとは一風異なっていた。同時に長期ビジョン「トヨタ環境チャレンジ2050」も発表したのである。環境に関する長期ビジョンは、同社として初の試みだった。

第6次プランと長期ビジョンの策定に取り組んだ環境部の山戸昌子企画室室長は、長期的視点の必要性をこう指摘する。

「5カ年計画をまとめる最中に、IPCC気候変動に関する政府間パネル)から、地球の壊滅的な被害を回避するためには、CO2の排出について実質的にゼロを目指す必要があるとの報告書が出されました。COP21の参加国の間でもこれが共通の認識になったと思います。では当社としてCO2をゼロにするにはどうしたらいいのか。これまでとは大きく考え方、行動を変えなければならないのではないか。トヨタ単独では無理ではないか。そうしたことは以前から理解はしていましたが、いよいよ本当に“長期的対策が必要だ”と感じました。5年先のことだけを考えていては、環境対応が追い付きません。歩むべき方向を示し、関係会社の皆様にも協力していただかないと実現できないと考えました」

続きはWater-nサイトでね

water-n.com

で。。。